03-3535-2280 診療予約
診療時間
9:00~12:00 / 14:00~18:00
休 診 日
水曜・日曜・祝日

東京都中央区銀座1-6-16 銀座1616ビル4階Google Mapを表示する

BSCブログ

2017年710 かいわれのブログ

食中毒にご注意!

皆様、こんにちは!
『髪は女の命って初めて言い出した方、本気でリスペクトです派。湿気が多い日は、私のやんちゃな髪の毛に手を焼いています派』のかいわれです。

 

紫陽花が美しい時期もそろそろお終いですね。
日本は、やや酸性よりの土壌のため、紫や青色の紫陽花が多いようです。
紫好きの私には、幸せなことです。

 

ところで、私がこの梅雨時期から気になり始めるのが、私のまとまらない髪の毛と同じくらい、細菌が原因で引きおこる食中毒です。
食中毒は、食品に起因する胃腸炎や神経障害などの中毒症の総称と定義され、多くは、急性の胃腸障害(嘔吐、腹痛、下痢などの症状)をおこします。
一般に、家庭における食中毒は、症状が軽かったり、家族のうち全員には症状が出なかったりする場合もあるため、食中毒だと気づかないケースも少なくないようですが、ご家庭でも注意が必要です。
今回はこの時期に増加する細菌による食中毒についてお伝え致します。

 

細菌による食中毒は、菌が大量に増殖した食品を摂取しておこる「感染型」と、食品内で増殖した菌が出す毒素によっておこる「毒素型」に分けられます。
この「毒素型」は、食品を加熱することで殺菌はできていても、熱に強い毒素が食品内に残ると食中毒が起こることがあります。
食中毒は、腐敗したものとは異なり、食べ物の味や臭い、見た目には変化がなく、食べてもわからないので、注意が必要です。
食中毒予防には、食中毒の原因菌を「つけない」「増やさない」「やっつける」という3原則があります。

 

 

次回は、これらの具体的な予防策をお伝え致します。

一覧へ戻る