03-3535-2280 診療予約
診療時間
9:00~12:00 / 14:00~18:00
休 診 日
水曜・日曜・祝日

東京都中央区銀座1-6-16 銀座1616ビル4階Google Mapを表示する

BSCブログ

2017年523 すみれのブログ

フレキシタリアン?

先日、臼井先生が、おすすめしてくれた、IN YOUという、マクロビオティックWebマガジンの記事をみていたら、“フレキシタリアン”と、いう新しい言葉を耳にしました。

 

フレキシタリアンとは、フリキシブル(柔軟な)+ベジタリアン(菜食主義)というふたつの言葉の造語で、普段は野菜中心の食事をするけど、気が向けば週に1~2は、肉や魚をメニューに加える気軽なライフスタイルのことだそうです。

 

いま、日本にはたくさんの外国人観光客の方がいらっしゃいますよね。
そのなかには、宗教上の理由や動物保護の理由、健康上の理由などさまざまな理由でベジタリアンの方がいます。
日本では、他国に比べてそれほど菜食主義は広まっていないので、日本に滞在する外国人がベジタリアン向けのお店を見つけられないという一方で、最近は、ベジタリアン向けや野菜をメインとして扱う飲食店も、増えてきているようにも感じています。

 

実際、私の周りでも、ハワイ旅行から帰ってきた叔父の口から、「ホールフード」というワードがでてきたり、我がホームタウン(ド田舎)我孫子にも、素材にこだわり、有機素材を中心に、オーガニックの食材や、食材本来の甘味でケーキ屋や焼き菓子をつくるお店もできるなど、日本でもそういう流れになってきているのだな~と、感じています。

 

我が家では、目指せ着やせするマッチョ!という、スローガンを掲げ、日夜筋トレを励行している旦那さんのご所望で、高たんぱく低脂質の食事が中心でしたが、わたしが、アーユルヴェーダや、瞑想を知るうちに、野菜のメニューが圧倒的に多く食卓に並ぶようになりました。(そういえば、旦那さんも何もいわないなぁ。笑)
また、食べるものだけでなく、食べるときの意識や調理法も含めた“食べ方”にも少しずつ変化してきています。
最近は、ちゃんと、「ごちそうさま」といってくれて、気分が良いです。いただきます、ごちそうさまを参照してくださいね(笑)

 

様々な健康法や食事法があり、日々新しい言葉や情報もどんどん耳に入りますが、やっぱり日本人にとって、和食って、1番あっているな~と、感じているすみれでした。

 

♡最近とても興味のあること:高野山での、宿坊滞在。体験してみたいです~。

一覧へ戻る