03-3535-2280 診療予約
診療時間
9:00~12:00 / 14:00~18:00
休 診 日
水曜・日曜・祝日

東京都中央区銀座1-6-16 銀座1616ビル4階Google Mapを表示する

BSCブログ

2017年518 ひなたのブログ

私たちを作るもの ~種編 種がない⁉~

先日、お取り寄せ野菜の中に「小夏」という柑橘類が入っていました。
オレンジほどの大きさで、皮は肉厚ですが手で剥けるほどやわらかく、黄色い色をしています。
みずみずしく、とてもおいしく頂きました。
ひとつだけ、驚いたことがあったのですが、それは、種がとても大きく、たっくさん入っていたことです。
少し食べにくくもあったのですが、種の入っていない果物の方が不自然なことだと思い直しました。

 

私たちのまわりには、ぶどうやスイカなど、種のない果物がとても身近にありますね。
種がないことを意識もしないほどに、生活になじんでいます。
とても身近なものですが、それを作るためには、ホルモン液に漬けたり、品種改良をしたり、農薬で種を消したりして作られています。

 

「種は命のもと、そして命を繋ぐもの。」
それを感じて食べると、ごろごろと入っている種に、力強い生命力を感じます。
そして、そのたくましい種を持っている果物が、私の体に入り、私の心身を作ってくれるのです。
始めは、少し食べにくいと感じていたのに、何だかいつも以上にありがたく食べ終えました。
(ちなみに、温州みかんや次郎柿など、もともと種のない品種もあります。)

一覧へ戻る