03-3535-2280 診療予約
診療時間
9:00~12:00 / 14:00~18:00
休 診 日
水曜・日曜・祝日

東京都中央区銀座1-6-16 銀座1616ビル4階Google Mapを表示する

BSCブログ

2017年41 クリニック

健康とは何か(次世代の予防医療③)

アーユルヴェーダという選択

 

あなたはアーユルヴェーダという言葉を聞いたことがありますか?

 

「生命の科学」とよばれるアーユルヴェーダは、生命の神秘的な領域を直接扱う哲学で、五〇〇〇年も前から存在するといわれる知識体系です。
心や身体だけでなく自然環境、宇宙環境も同一のエネルギー(ドーシャ)で構成されているという見解にたっているのが特徴です。
生命は神秘に満ち、多くの科学者が昼夜問わず身を粉にしても分からないことばかりです。アーユルヴェーダはその生命をまるごと扱う科学なのです。

 

私は心療内科医ですが、このアーユルヴェーダの知識をもとにした「マハリシ・アーユルヴェーダ」の医師として診察をしています。
自然治癒力が回復し症状が改善するのをまじかにし、私はいつしか人間というものは自然と共存することでしか健康を維持できないのではないかと考えるようになりました。

 

医学部在学中にアーユルヴェーダに出会った頃、太古の知識体系が現代でも通用すると信じられず、人間の健康度はどこまでも上げることができると聞いた時は耳を疑いさえしました。
けれど、一五年近い臨床経験を経て、心身医学などを学んだ今では、患者の姿からそれは本当だと実感することがあります。
自然治癒力は、症状をおこした根本、つまり生活習慣の乱れや精神的なストレスを取り除くことでよみがえります。
自分自身、自然豊かな土地で育ったことも影響しているかもしれませんが、アーユルヴェーダは心身の苦痛が少ない、神秘に満ちた生命をそのままいかしきる治療方法、もっといえば「幸福感を追求する医療」だと確信しています。

 

プライバシーを尊重し、個人が特定できないかたちで、これを裏付ける典型的な事例を紹介しましょう。
この方は、向精神薬を飲んでいて、すぐさま完全にアーユルヴェーダにシフトすることが難しいケースでした。

一覧へ戻る