03-3535-2280 診療予約
診療時間
9:00~12:00 / 14:00~18:00
休 診 日
水曜・日曜・祝日

東京都中央区銀座1-6-16 銀座1616ビル4階Google Mapを表示する

BSCブログ

2017年128 すみれのブログ

それぞれのダルマ。

『幸福の拡大に向かって進もうとするとき、多くの場合、人は恐れをもちます。新しい自分、まだ体験したことのない世界に進もうとするとき、人は恐れを感じるようにできています。恐れと不安はまったくの別物で、恐れは幸福の拡大に向かうときに感じるものですが、不安は前に進むことを止めてしまったときに感じるものです。』

 

最近読んだ、本のなかで、なんだかじぶんのなかでとても印象に残った言葉です。

 

わたしたち、すべてのひとは、“いのちの使命”をもって生まれてきた、といわれています。
この、 “いのちの使命” を、とアーユルヴェーダでは “ダルマ” と、いい、ダルマを行うことで、もっとも容易に成長し、幸福が拡大していくとされています。

 

ダルマは、ひとそれぞれであり、たとえば、おしごとに就いている方は、仕事そのものが、必ずしもダルマということではなく、その仕事をとおして自身の生命を楽しみ、自身と他の生命を育むための活動のことを指します。

 

今、いまいちピンときていない方でも、なにも心配しなくて大丈夫。
人種・国籍・地域・家系・両親・兄弟など、個人を取り巻く環境は、その方が自身のダルマに気がつき、そこに自然に向かうように用意されています。
つまり、ダルマは、だれにでも、必ず見つかるようにできているのです。


ダルマときくと、どうも、あの、怒ったような顔の赤いのが思い浮かぶスミレでした。

 

【引用・参考文献】
蓮村 誠 著 「いのち」の取り扱い説明書

一覧へ戻る