03-3535-2280 診療予約
診療時間
9:00~12:00 / 14:00~18:00
休 診 日
水曜・日曜・祝日

東京都中央区銀座1-6-16 銀座1616ビル4階Google Mapを表示する

BSCブログ

2017年114 ひなたのブログ

私たちを作るもの ~お野菜編②~

みなさんこんにちは、ひなたです。
それではさっそく、前回挙げたいくつかの農法を、私が知り合った順に、簡単にどのようなものか書いてみたいと思います。

 

 

慣行農法
農薬や化学肥料を使ってお野菜を作る、一般的な農法です。
収穫量が多く、安定しています。
現在、日本のお野菜はほとんど慣行農法で作られています。

 

有機農法
有機栽培、オーガニック農法とも呼ばれています。
化学合成された農薬や肥料を使わずに、一定期間(日本では3年)経過し、堆肥などによる土づくりをした田畑で行う農法のことです。
有機肥料と有機農薬は使ってもいいとされています。
最近は、スーパーマーケットでも見かけるようになりました。

 

自然農法
自然を模倣とした農業です。
不耕起、無肥料、無農薬、無除草の4大原則に基づき行います。
自然農、自然栽培の原点とも言われています。
自然の影響を大きく受けるので、収穫量が不安定です。

 

 

私は自然環境が気になっているため「自然を模倣としている。」という自然農に惹かれました。
でも、自然農で育てたお野菜を売っているお店を、見つけることができなかったのです。
そこで私は、自然食品のお店で、無農薬、有機肥料のお野菜を買うようになりました。
当時はなぜ、農薬が使われるのか考えたことはなく、農薬は悪いと決めつけて避けていました。
有機栽培のお野菜は新鮮で、日持ちがよく、味もしっかりとあるものが多いように思います。
しばらくは、自然農で育てられたお野菜を探しつつ、自然食品のお店で有機栽培のお野菜を買う日々が続きました。

一覧へ戻る