03-3535-2280 診療予約
診療時間
9:00~12:00 / 14:00~18:00
休 診 日
水曜・日曜・祝日

東京都中央区銀座1-6-16 銀座1616ビル4階Google Mapを表示する

BSCブログ

2016年92 クリニック

食について思うこと

私達は単なる臓器の寄せ集めではなく、お互いに連絡を密に取り合いながら一つの生命体として活動を維持しています。
細胞一つ一つには知性があり自律的に身体全体のバランスをとっています。
知性が息づくとき自然治癒力がはたらき病気になることはありません。
食生活の乱れなどで知性がはたらかないとき臓器本来の機能が果たせず生命全体のバランスが崩れ病気となります。

 

この知性がはたらくには相応しい環境が必要であり細胞一つ一つに栄養がいきわたっていることが大切です。
自然で旬の食べ物を摂り十分に消化されることで必要な栄養が吸収されます。
消火力が乱れているといくら良い食べ物を摂っても未消化のままになってしまい、栄養が全身に届かないため本来の機能ができません。
このため、日常的に疲労がたまるようであれば消化力に合わせた食べ物を選ぶことが大切です。
この場合、サプリメントなど食べ物の成分を抽出したものではなく、食べ物の一物全体を頂くようにします。

 

ある程度、栄養が補われたら次にバランスを見ていきます。
十分な栄養があるとき私達の知性は身体全体のバランスを取るようになります。
それは、睡眠や食欲、意欲といった生理的欲求が満たされた形として現れます。
正しく食事が出来ている時、身体の軽さ、充実感や満足感などの喜びがともないます。
この時私達はからなず健康に向かっています。

 

私達の健康にも旬があります。日々の暮らしの中で四季折々の食べ物を頂き、知性が目覚めて行くのを感じて下さい。

一覧へ戻る